奥入瀬渓流のベンチで行き先を決める

そうだ 東北地方の一人旅、行こう。 - 威風堂々 男性一眼レフバイク旅写真ガイド -

そうだ 一人旅、行こう。あなたが歩くおすすめ無料スポット旅行写真ガイド 【一人旅クエスト】東北エリア


 

奥入瀬渓流のベンチで行き先を考える


 

奥入瀬渓流

 

 

ちょっと奥入瀬渓流、一人作戦タイム。

 

奥入瀬渓流は多くの場合、「十和田市中心⇒石ヶ戸休憩所⇒十和田湖」というような方向感で観光をするのが一般的。

石ヶ戸の休憩所は奥入瀬渓流観光の最後ではなく、「入口」という感覚で考えるとすれば、石ヶ戸から『雲井の滝』や『白布の滝』あたりまでは徒歩で往復するのにちょうどよい区間と言えるのかもしれない。

 

だいたい、白布の滝、岩菅の滝あたりまでが半分。少し間を開けて『後半』として鑑賞ポイントが集中しているので、奥入瀬渓流の全行程(片道約9km)を歩く事が出来ない遠方地からの旅人は上手に考えて旅を進めて行く必要がある。

 

地元の観光案内所でもらった観光散策マップから、残りの半分の奥入瀬渓流の鑑賞ポイントを確認しておこう。

 

■ 玉簾の滝 ■ 白絹の滝 ■ 白糸の滝 ■ 不老の滝 ■ 双白髪の滝
■ 姉妹の滝 ■ 九段の滝 ■ 銚子大滝 ■ 寒沢の流れ ■ 五両の滝
■ 千両岩 ■ 十和田湖

後半の奥入瀬渓流鑑賞スポットの中から比較的「見やすい」場所だけを抽出。

 

ここは青森の山(森)の中。 夕方午後4時近くになれば、すでに帰る人は山(森)を下りていて街の宿泊施設を目指して移動している頃。
キャンプ場や国民宿舎などを利用して十和田湖に宿泊する「泊まる」予定のある人だけが夕方までこの地域を歩いていることになるので、時間配分に気を付けないと。

 

 

奥入瀬渓流トレッキング

 

奥入瀬渓流トレッキング

 

十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から焼山まで約14km続く、日本を代表する景勝地「奥入瀬渓流」。
この渓流美は、噴火による土砂によって出来たもので、時代を重ねるとともに周りの自然木に包まれながら美しく姿を変えていきました。

渓流沿いにはいくつもの滝が点在しており「瀑布街道」とも呼ばれています。

 

[ 十和田市観光ガイドパンフレット より ]

 


 

【 男の青森一人旅行のあなたの選択肢 】>>> どうする?

 

【 A 】 【 B 】 【 C 】 【 D 】 【 男性編再スタート 】

 

 

完全フリーな一人旅 もっと楽しみたい!!- おひとりさま ご案内♪ - 】

 

一人旅クエストはちょっと変わった視点の旅ガイドサイト。

・・・と、言うのも、集客・広報のための観光協会や旅行雑誌が関わっていない「本物の旅人(=あなたと同じ視点の)」による旅歩き情報サイト。

純粋に現地の空気をお伝えしながらあなたのお出かけをサポートする情報を掲載していきます。

 

| 一人旅 | お出かけ | 散歩 | ハイキング | 登山 | 山登り | トレッキング | キャンプ | アウトドア | 写真 | カメラ | 一眼レフ | ミラーレスカメラ | 観光地 | 遊覧船 | 旅館 | 温泉 | ホテル | 天気 | 持ち物 | グッズ | おすすめ | 人気スポット | 世界遺産 | 滝百選 | 百名山 | 名水百選 | 天然記念物 | 特別名勝 | 国立公園 | 歩き方 | 見どころ | ドライブ | ツーリング | 車中泊 | 道の駅 | パーキングエリア | 駐車場 | 無料 | ビジターセンター | ブログ | 予約 | 宿泊 | 日帰り | 北海道 | 東北 | 関東 | 中部 | 上越 | 北陸 | 東海 | 関西 | 近畿 | 中国 | 山陰山陽 | 四国 | 九州 | 沖縄 |

 

ブックマーク・サイト紹介はお気軽に♪[ http://hitoritabi-quest.com ]

一人旅の話をしよう!




旅の雑談コラム+短編集&旅人のほこら