ソロキャンプに必要な物 威風堂々一人旅

Hitoritabi Quest ~ Solo Camping Guide ~

そうだ 一人旅、行こう。あなたが歩くおすすめ無料スポット旅行写真ガイド 【一人旅クエスト】


 

 

「ソロキャンプ」=一人キャンプ。まずは解説。


 

ソロキャンプ

 

 

ソロキャンプはあなたが良ければそれでいいキャンプ。


 

 

それではさくさく説明してみるね。まずはキャンプに最低限必要な物のお話。
キャンプ用品の個々の使い方の詳細は後で少しずつしていきますよ。

 

ソロキャンプ テント

 

テント

 

とりあえず、「テント」は持っていた方が良い。・・・って言うのは、テントを貸出ししてくれるキャンプ場もあるから、キャンプ場によっては手ぶらで行ってテント張って寝泊りできちゃう。でもそれはイレギュラーだからテントは(買う)必要がある物ということでいきましょ。

 

サイズは1~2人用のテントが5千円くらいから2万円くらいまででたくさん売ってるんです。

ちょっと検索 ⇒ ツーリングテント

 

僕が使っているテントは正直、5千円で買ったテント。「安物」っていうわけじゃなく、デフレでちゃんとしたのが安くなったんです。

 

 

一人用のテントってあるんですね!?
トンネルみたいな、イモムシみたいなヤツ、この間、ホームセンターに飾ってありましたよ!

 

 

見ておくのは良い事ですよね~。でも、イモムシテントはお勧めしないかな。
理由はあとでテントについてのページでお話しましょう。

 

一人用のソロテント・少人数用テントはこんな感じ

 

テントを買うとどこにでもいいのでキャンプに行きたくなる!ある意味魔法のアイテム

 

ノースイーグル
ツーリングドーム2
リベロツーリングテント
M-3119
モンベル
ライトツェルト SPGN
バックパックドームテント2
BPD-2UV
コールマン
ツーリングドームST

価格は変動するので、ここでは記載しませんが、ご覧の通り案外リーズナブル。一回で消える宿旅行の旅費と比べて考えてみよう。

 


 

グランドシート

 

グラウンドシート

 

次はグラウンドシート。発音の表記の仕方でグランドシートとも書かれたりします。
コレが何かといいますと、テントさんに座っていただく時のテントさん用の「レジャーシート」。

 

ちょっと検索 ⇒ グラウンドシート

 

素材は工事現場なんかで雨除けで使われてる「ブルーシート」と同じ感じで、雨とかよく溜まってるでしょう?
水を通さない素材のシートなので、テントが汚れないのですよ。
使わないでテント建てると、テント内が土に浸み込んだ水でキャンプどころじゃなくなってしまうので、これは「必要な物」。

 

ロゴス
ぴったりグランドシート200
ロゴス
ぴったりグランドシート270
ロゴス
ぴったりグランドシート300
ロゴス
防水マルチシート
コールマン
マルチグランドシート/300

 


 

ソロキャンプ 一人旅

 


 

寝袋

 

寝袋

 

大まかな説明なので駆け足だけど、とりあえず次行きますね。

次は「寝袋」。英語でスリーピングバッグ。ドイツ語でシュラフと呼ばれてる。

 

そうだね・・・バイクツーリングの人なら真夏用(夏用)をおすすめします。
車の人は携帯性を考えなくていいから3シーズン用がお得なんじゃないかな?

 

ちょっと検索 ⇒ 封筒型寝袋

 

・・・というのも、丸めた時(収納時)のサイズ、夏用寝袋と3シーズン(春・夏・秋)用の寝袋だと全然違うんです。
封筒型とかマミー型とかそのあたりの説明はあとで寝袋についての説明ページでしていきます。

 

キャプテンスタッグ
プレーリー封筒型シュラフ600
[最低使用温度15度]
キャプテンスタッグ
フォルノ封筒型シュラフ800
[最低使用温度12度]
フェレール
封筒型シュラフ1200
[最低使用温度7度]
コールマン
パフォーマー
[使用可能温度0度]
ダバダ
高級ダウン寝袋
[最低使用温度-30度]

 


 

 

先生・・・テントで寝たことが無いので分からないのですが、テントの中で寝袋を敷いて寝る・・・んですよね?^^;
すみません、本当に覗いたこともないもので。(汗)

 

 

うん、その気持ち、わかりますよ。自分もそうだったから。
何が必要か、最低限必要なコト、助言しますね~。

 

快適なキャンプっていうのは2種類あって、「最低限必要な物に快適さを求める」と良いです。
・・・でないと、最終的に「パソコン(スマホ)があればもっと快適」ってなっちゃう。それはソレを売る人が誘導する快適なキャンプの例だから。

 

さてさて、これもまたあとで詳細解説ページでお話するけれど、場所によってはキャンプ場の地面から冷気を深々と感じてしまうことがあるんです。
熱帯夜の芝生のキャンプ場ならテント内+寝袋で平気だけど、キャンプ場は基本的に「山」とかなので、夜は都会の住宅密集地と気温が違うから。

 

それで、必要な人はテントマットキャンピングマット)を敷いたりするんです。

 

キャンピングマット

 

テントマット / キャンプマット

 

「テントマット」という名前は総称的な表現の仕方で、要するに、寝袋の下に敷いて地面からの冷気をシャットアウトするためのマットのこと。
一番リーズナブルなのは「アルミのロールマット」。ホームセンターとかで千円くらいで売ってます。

 

・・・でも、ぐるぐるしてても確かにかさばる。僕の場合バイクなので、買うのは構わないけれど、持って行く事を考えたらちとキツイ。

そんな人はインフレーターマットを買う。

ちょっと検索 ⇒ インフレーターマット

高いけれど、数回キャンプすると背中から冷気がずっと供給されているような場所にテントを張ることも経験すると思うんです。

 

インフレーターマットは始めはぺったんこだけど、キャップを開けると空気を吸い込んで膨らむマット。まあ、息を吹き込んで調整するけど。
マットがあると全然違うんですよね~。

 

キャプテンスタッグ
シルバーキャンピングマット
180×60cm
キャプテンスタッグ
EVAフォームマット
56×182cm
ユーザー
極厚15mmマット 1000
100×180cm
ドッペルギャンガー
インフレータブル
キャンピングマット
コールマン
コンパクト
インフレーターマット2

 


 

ソロキャンプ

 


 

LEDランタン

 

ランタン

 

おっと、もうひとつ忘れてた。テント、寝袋、必要な場合にテントマット。
基本的にキャンプはそれだけで十分できるのだけれども、もうひとつ、「ランタン」があるといいですよ。

 

昔のように夜の野外のバーベキューのためにホワイトガソリンで点火するような轟々と燃えるランタンではなくて、ソロキャンプのテントの中で明かりを確保するための電灯です。今はLEDランタン・・・いっぱいあるんだけどね。^^;

 

ちょっと検索 ⇒ LEDランタン

 

懐中電灯でもいいけど、千円~二千円とそれほど高くないから、買っておくとテントの中でキャンプ気分で楽しいよ!・・・ってキャンプだけどさ。

 

 

先生!
調理関係のアドバイスがないのですが、夜ごはんはどうしたらいいんですか!?

 

 

うん、最小限のキャンプってことでまとめてみたんですね~。
誤解を恐れずに言ってみれば・・・コンビニでパンやおにぎりを買っておけばいいじゃない?

 

・・・キャンプと料理は別にセットじゃないのさ。
夕食が出ないお宿に泊まった時、ホテルか旅館の部屋の中で火をおこして自炊しないよね。
警報機鳴るし。(笑)

夜ごはんはどうしたらいい?どうする?どうしたい??

 

もちろん、お湯を沸かせるくらいの携帯バーナーもあとでアドバイスしていきますよ。

ちょっと検索 ⇒ キャンピングバーナー

 

この段階では「テント」「グラウンドシート」「寝袋」があれば、宿泊費数百円のソロキャンプ旅ができる、ってことを強調しておきます。

 

 

そういえばやったことが無い分、アウトドア雑誌で特集されてるやり方をするものだとばかり思ってました
雑誌は「買わなくてもできる」とはアドバイスしてくれない
ものね。だから商品てんこ盛り。

 

コンビニおにぎりにお弁当かー、すごいなぁ・・・勝手なバーベキューキャンプの先入観を根底から焼き直ししてくれますわね。^^;

とりあえず最低限は上のものが必要ってことなのね。

 


 

(一人旅クエストのソロキャンプガイドは「一人旅」の人を応援する数少ない情報ページのため、もともと盛り上げが強要されるファミリーキャンプやバーベキューキャンプ、(オートキャンプ)にはない視点で解説をしています。でも特に「アンチ」ではなく、『「一人旅」でソレを気にする必要はないよ』というものです。)

 

 

ソロキャンプ

 

若いのはええのお。。。
・・・とはいえ、キャンプにあまり年齢は関係ないぞい。

 

ふぉっふぉっふぉ、ソロキャンプか、ワシもしてみたくなってきたわい。

 


 

【 ソロキャンプ準備帳 】>>> どうする?

 

【 A 】     【 ソロキャンプ解説書 】 【 トップページ 】

 

【 ソロキャンプの解説書 】目次

ソロキャンプって何だろう?解説編

 

威風堂々ソロキャンプ ソロキャンプに必要な物 車中泊と無料のキャンプ場 かまどやコテージとかのお話 利用時の一般的手続き・流れ
キャンプ場を出発前の撤収 持って行くと便利な日用品たち ソロキャンプ荷物の軽量化    

 

個々のキャンプ用品の解説編

 

ソロキャンプのテントの選び方 寝袋+マットの種類と選び方 キャンピングマットの選び方 LEDランタンの選び方と用語 キャンピングバーナーの使い方
キャンプで使う調理用品解説 ファミリーキャンプの滞在用品 ソロテントの張り方 レビュー:トレック900  

 

 

完全フリーな一人旅 もっと楽しみたい!!- おひとりさま ご案内♪ - 】

 

一人旅クエストはちょっと変わった視点の旅ガイドサイト。

・・・と、言うのも、集客・広報のための観光協会や旅行雑誌が関わっていない「本物の旅人(=あなたと同じ視点の)」による旅歩き情報サイト。

純粋に現地の空気をお伝えしながらあなたのお出かけをサポートする情報を掲載していきます。

 

| 一人旅 | お出かけ | 散歩 | ハイキング | 登山 | 山登り | トレッキング | キャンプ | アウトドア | 写真 | カメラ | 一眼レフ | ミラーレスカメラ | 観光地 | 遊覧船 | 旅館 | 温泉 | ホテル | 天気 | 持ち物 | グッズ | おすすめ | 人気スポット | 世界遺産 | 滝百選 | 百名山 | 名水百選 | 天然記念物 | 特別名勝 | 国立公園 | 歩き方 | 見どころ | ドライブ | ツーリング | 車中泊 | 道の駅 | パーキングエリア | 駐車場 | 無料 | ビジターセンター | ブログ | 予約 | 宿泊 | 日帰り | 北海道 | 東北 | 関東 | 中部 | 上越 | 北陸 | 東海 | 関西 | 近畿 | 中国 | 山陰山陽 | 四国 | 九州 | 沖縄 |

 

ブックマーク・サイト紹介はお気軽に♪[ http://hitoritabi-quest.com ]

一人旅の話をしよう!




旅の雑談コラム+短編集&旅人のほこら