キャンピングマットの種類と選び方

Hitoritabi Quest ~ Solo Camping Guide ~

そうだ 一人旅、行こう。あなたが歩くおすすめ無料スポット旅行写真ガイド 【一人旅クエスト】


 

 

寝袋の下から供給され続ける冷気を遮断するキャンピングマット


 

ソロキャンプ インフレーターマット

 

 

キャンピングマット、必要な人は持って行かないとだよー。


 

 

前ページ、 ソロキャンプの寝袋+マットの種類と選び方 のページの最後の方でお話に触れた「キャンピングマット」についてお話しちゃうページです。
うーん、結論から言えば、「インフレーターマット」がすごく小さくなるし、冷気はシャットアウトだし、いいよー。と、いうおしゃべりです。

 

インフレーターマットは高価なので、ホームセンターなどで売っているロールマット(発泡ウレタン)などでも同じ効果があるので、携帯性や積載力のあるクルマのオートキャンプの人は、わざわざ高いインフレーターマットを買う必要もありません。

 

でも、モノによっては2~3千円くらいのインフレーターマットもあるので、気になったら使ってみましょう。

 


 

キャンピングマットの効果と意味

キャンピングマットってなんじゃらほい??基本的な役割をお話します。

 

キャンピングマット・テントマットの効果と意味 】 ちょっと検索 ⇒ キャンピングマット

 

キャンピングマットはテントマットなどとも名付けられているマットのことです。
テント内に敷いて使うもので、大きさもテントの床一杯に敷くのが好きな人もいれば、寝袋の下に敷いて寝る時だけ必要を感じている人もいます。

 

テントの床面積一杯に敷くテントマットではエアーマットという分厚いベッドのようなものもありましたが、近年、ウレタンスポンジ素材の品質が向上したためか、あまり大がかりになる商品は必要とされなくなっています。

 

テントの中で、その他に別のマットまで必要なのか?と思う人もいるでしょう。 ええ、必要ではありません。(無くても大丈夫な季節やキャンプ場もあります。)
でも、秋口などでは山の方では紅葉が始まるほど夜間の温度が下がる地域もあり、その際は「そんな場所で寝る」わけですから、寒さを感じる時があるはずです。

キャンピングマットの効果と意味は以下の通りです。

 

(1)・・・地面から伝わる「冷気」を遮断(緩和)するためのマット効果
(2)・・・地面のゴツゴツを緩和するためのマット効果

 

 

・・・と、言うわけで、用途の効果や重要性を考えるに、コレは寝袋(睡眠)の際に必要を感じるキャンプ用品なんですよ。
実際僕は、最初の頃、熱帯夜の季節に芝生のキャンプ場ばかりだったので、ロールマットさえ使わずにすやすや寝てました。(笑)

 

ロールマットとインフレーターマットを持っているのですが、まだキャンプ場で広げて撮った写真が無いので、撮った頃にこっそり更新しておきます。
僕が使っているのは一番左側のコールマンのコンパクトインフレーターマット2です。サイズはLサイズ。

 

ちょっと検索 ⇒ インフレーターマット

 

コールマン コンパクトインフレーターマット2 キャプテンスタッグ EVAフォームマット ドッペルギャンガー インフレータブル キャンピングマット キャプテンスタッグ インフレーティングマット ノースイーグル ふんわりインフレターマットII

 

 

ちょっぴりお高いですね・・・。
最初の頃に使っていなかったという気持ち、わかります。^^;

 

 

あはは、でも買っちゃったんですよ。それもキャンプに行かない冬の時期でした。
むしろ、オフシーズンの冬の時期だからこそ、他に旅やキャンプ用品を買わない環境だから「まあ、買っておこうかな」っていう具合に。

 

最初からあれもこれも「必要だ」と買わされるなら「キャンプってお金かかる上に全部自分でやる」⇒「何が楽しいんだ?」になるけど、『携帯しやすいものを時々買い足していく』ことで、冬以外の時期にお出かけのハードルがどんどん低くなっていくような気がします。

 

ロールマットやインフレーターマットの解説や紹介も、写真を取ってきた時にお写真に合わせて解説して行きますね。

 


 

ソロキャンプ インフレーターマット

 


 

 

私、寒がりなんです。
解説ページができる前に私、買っちゃうかも^^;

 

ソロキャンプ アルミロールマット ソロキャンプ コールマン コンパクトインフレーターマット
【↑ホームセンターでも売っているアルミロールマット】 【↑上:ロールマット~60cm・下:インフレーターマット~28cm】
ソロキャンプ アルミロールマット ソロキャンプ コールマン コンパクトインフレーターマット
【↑厚さ8mmのアルミロールマット】 【↑左:コールマン コンパクトインフレーターマット2/L】
ソロキャンプ コールマン コンパクトインフレーターマット ソロキャンプ コールマン コンパクトインフレーターマット
【↑インフレーターマットの重さは672gだった(Lサイズ)】 【↑格子状の発泡ウレタンが膨らんでくれる+息入れる】

 

先にちょっと検索 ⇒ コンパクトインフレーターマット

 


 

(一人旅クエストのソロキャンプガイドは「一人旅」の人を応援する数少ない情報ページのため、もともと盛り上げが強要されるファミリーキャンプやバーベキューキャンプ、(オートキャンプ)にはない視点で解説をしています。でも特に「アンチ」ではなく、『「一人旅」でソレを気にする必要はないよ』というものです。)

 

 

ソロキャンプ

 

なにげに写真もちゃんと撮っておるからのぉ。
まあ、写真や解説を読むより、実際に買ってしまって空気を吹き込んだら「快適そう」というのは目に見えとる。

 

他人がやるのを見とるか、自分がやってみる(楽しむ)かの違いじゃ。

 


 

【 ソロキャンプ準備帳 】>>> どうする?

 

【 A 】     【 ソロキャンプ解説書 】 【 トップページ 】

 

【 ソロキャンプの解説書 】目次

ソロキャンプって何だろう?解説編

 

威風堂々ソロキャンプ ソロキャンプに必要な物 車中泊と無料のキャンプ場 かまどやコテージとかのお話 利用時の一般的手続き・流れ
キャンプ場を出発前の撤収 持って行くと便利な日用品たち ソロキャンプ荷物の軽量化    

 

個々のキャンプ用品の解説編

 

ソロキャンプのテントの選び方 寝袋+マットの種類と選び方 キャンピングマットの選び方 LEDランタンの選び方と用語 キャンピングバーナーの使い方
キャンプで使う調理用品解説 ファミリーキャンプの滞在用品 ソロテントの張り方 レビュー:トレック900  

 

 

完全フリーな一人旅 もっと楽しみたい!!- おひとりさま ご案内♪ - 】

 

一人旅クエストはちょっと変わった視点の旅ガイドサイト。

・・・と、言うのも、集客・広報のための観光協会や旅行雑誌が関わっていない「本物の旅人(=あなたと同じ視点の)」による旅歩き情報サイト。

純粋に現地の空気をお伝えしながらあなたのお出かけをサポートする情報を掲載していきます。

 

| 一人旅 | お出かけ | 散歩 | ハイキング | 登山 | 山登り | トレッキング | キャンプ | アウトドア | 写真 | カメラ | 一眼レフ | ミラーレスカメラ | 観光地 | 遊覧船 | 旅館 | 温泉 | ホテル | 天気 | 持ち物 | グッズ | おすすめ | 人気スポット | 世界遺産 | 滝百選 | 百名山 | 名水百選 | 天然記念物 | 特別名勝 | 国立公園 | 歩き方 | 見どころ | ドライブ | ツーリング | 車中泊 | 道の駅 | パーキングエリア | 駐車場 | 無料 | ビジターセンター | ブログ | 予約 | 宿泊 | 日帰り | 北海道 | 東北 | 関東 | 中部 | 上越 | 北陸 | 東海 | 関西 | 近畿 | 中国 | 山陰山陽 | 四国 | 九州 | 沖縄 |

 

ブックマーク・サイト紹介はお気軽に♪[ http://hitoritabi-quest.com ]

一人旅の話をしよう!




旅の雑談コラム+短編集&旅人のほこら